料理は目的に応じたものがあります。そして、それを作ることが大切ですよね。どのような人が食べるのかと言うことを考えてみましょう。家庭で主婦が作る場合、年齢に合わせます。小さな子どもと、お年寄りでは、必然的に食べるものが違ってきますよね。料理研究家が書いたレシピ本などは沢山あると思いますが、どれを選ぶかと言うことを考えることが大切です。料理研究家のコンセプトが明確になっている場合、自分が求めているものかどうか分かりります。

例えば「子どものお弁当を作りたいのか!』、「ヘルシーな食事を作りたいのか!」と言った事があります。毎日の夕食の献立に悩んでいると言う人は、簡単レシピをいくつか組み合わせることでも良いと思います。手間をかけずにおいしく作りたいですね。その事は子供が大きくなってからの食に対する考え方になります。また、料理をすることは楽しいことでなければいけません。その気持ちはきっと料理に表れてくると思います。

料理研究家が書いている料理本については、楽しく作る料理を目指しています。読む人は、料理のプロになろうと考えている訳ではありませんよね。なんと、男性も家庭で料理をするようになっていると言います。良いことです。(笑顔)料理の面白さがわかってきたからではないでしょうかね。楽しいですよね。(笑顔)お父さんが作った料理なら子どもが喜ぶと思いますよ。(笑顔)